スポンサーリンク

 ・森漁港釣果日記

 北海道道南。2018年5月上旬。

 函館市から、国道五号線を車で約1時間くらい走らせると、駅弁のイカ飯ホタテで有名な森町がある。

 春先には桜が咲き道南の桜の名所のひとつでもあるが、全国的には、駅で売っている駅弁のイカ飯が有名だろう。ここには森港という大きな漁港がある。

 噴火湾を見渡す森港は、森の町から少し進んだ海岸線にあり、道南では大きな漁港の一つだ。

 主な魚種は、

・チカ

・クロゾイ

・アブラコ(アイナメ)

などが主で、秋頃には鮭などが釣れる場合もある。

 今回は、ここで釣りを始める。

 森港に着いたのは午前7時頃、明るくなり始めた頃だった。

 北海道の情報誌などを見て、チカが多く連れたとの情報があったので、丁度漁港の真ん中にあたる漁協施設のあたりで、釣りをはじめる事にした。

 漁港には、3~4グループがいて、延べ竿を垂らしている様子から同じくチカ釣りのようだ。

 延べ竿に、ハゲ皮仕掛け(針四号)をつけて落としてみた。

 先日、ホームセンターで買ったまき餌を撒いてみると、海面に魚影が集まり、軽い反応がしたので釣り上げると、人差し指くらいのチカが2匹、釣れた。

 その調子で1時間ほど続けてみるが、釣れたのは小型のチカが、10匹程度で、みな指程度のサイズでイマイチ小さい。

 まわりを見ると、他も同じ感じだ。

 横の老夫婦は「昨日はいっぱい釣れたのになぁ~」と言っているので、今日はやはり渋いようだ。

 天気は良いのだが、風が強くなり砂塵が上がり、どうにもやりづらいので、チカ釣りをやめる事にした。

 午前8~9時くらい。

 港内を車で見渡すと、西護岸のあたりで、2~3人の男女が釣りしていて、何かをつり上げているのを確認した。

 車を降りて何が釣れたのを訊いてみると、ガヤが釣れたらしい。

 仕掛けは赤いブラーにイソメをつけているのが見えたので、マネをしてみることにした。

 ルアーロッドに、2000番のリールをつけて、こちらもブラーに塩イソメをつけて釣りをはじめた。

 軽く投げて、ゆっくりと引いてみると、拳くらいのクロゾイが釣れたが、小さかったのでリリース。

 再度、同じ要領で、ゆっくりと引くと、ガツッと引っかかった感触がした。

 根掛かりしたようだ。

 その後も何度か根掛かりして、ブラーを2個失った。

 どうやら、港内に投げると根掛かりするようで、さっきの男女達は、停泊している船に隙間に落としている。

 そこで、こちらも手前に落としてみる事にした。

 すると、ヒキを感じだのでゆっくり、アワセながら上げると、15㎝程度のガヤが釣れた。

 そんな感じで約2~3時間くらい続けてみると、10㎝~20㎝程度のガヤが全部で5匹程度釣れた。

 いぜん、風は強く、昼にくらいになったので、撤収する事にした。

◆本日の釣果(森港)

・チカ(指サイズ)13匹

・ガヤ(だいたい10㎝~20㎝)5匹

◆釣り時間

午前7時~午前11時30分くらいまで。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事