釣場だけなく手軽な海水浴場

・所在地(所在地は正確ではなく、だいたいの位置である事もありますがご容赦ください)

 〒049-0111 北斗市七重浜1丁目

 

f:id:hateburoponnpu:20180719201055j:plain

 

 七重浜海浜公園は、前に紹介した港町埠頭から、227号線道をそのまま、進んだところにある海公園です。港埠頭と上磯漁港の間にあります。

 ここは、港ではありませんが、釣りができるので紹介しておきます。

 七重浜海公園は、海公園ですが、前に紹介した緑の島とは違い、ここは砂浜のビーチがあり、夏には泳いだりできる海水浴公園です。

 公園は入り口前に駐車スペースがあります。砂地なので、公園内には車でははいれません。

 夏になると海水浴として解放されるのですが、それ以外の季節はただの砂浜です。

 さて、釣りの話に戻りますが、実はこの公園公園は行ってすぐの左側には、一直線の畳が続いています。

 ここの左右は、ゴロタ場になっており、間にはふたつの石のデッキスペースが二つあります。

 ゴロタ場は浅瀬ですが、海草が茂った岩場なので、岩場にブラーを落としての穴釣りなどしている人を見かけます。

 浅瀬であるので、リールの無い延べ竿や、ブラーを括り付けた糸をそのまま、落として探ったりしている人が多いです。

 ゴロタ場の釣りは、大人よりも子供の方が多いです。

 年齢は小学生~高校生くらいまでいます。

 実際に、釣りといっても遊びでやっている感じで、バケツをのぞくと、小型のクロゾイや、サビハゼ、イソ蟹みたいなのがはいっていたりして、あまり本格的ではありません。

 ちゃんとした釣りをしたいのなら先端の部分がおすすめです。

 ここくらいになると、水深はだいぶ深いです。

 ここで遠投の投げ釣りをして、竿置きにおいて待っている釣り人を見た事があります。

 竿や仕掛けからして、たぶんカレイ狙いですね。石畳部分の足場は安定しているので、三脚などを立てられるので、投げ釣りはやりやすいです。

 先端のデッキの足下にもゴロタ場があるので、魚を取り込みする際には注意しましょう。

 基本夏場でないとあんまり人がいません。釣り人も地元の学生達が遊びでやっている感じで、釣果はあまり高くないかもしれません。

逆に海水浴シーズンは、横の砂浜で泳いでいる人がいるので、浅瀬からの遠投の投げ釣りは危険なので注意しましょう。

 公園なのでここも開閉時間があります。

4、5、9、10、11月は、AM8:30~PM17時

6,7,8月は、AM8:30~PM18時

 となっており、夕方には閉めてしまいます。

 浜内に、施設がありますが、海開きの期間以外は閉まっています。

 公園を出たすぐ近くには、コンビニとかありませんが、少し戻っれば、228号線道路でその道路沿いには、セブンイレブンやローソンなどがあるので、車があればすぐに買いに行けます。

 

総評

釣りやすさ

★★★

期待度

オススメ度

★★

 

 石畳のデッキスペースに、ゴロタ場と、雰囲気的には良さそうなのですが、あんまり釣れているイメージは薄く、子供達が遊びでイソ蟹とか捕まえているイメージが強いです。

 先端ほうでは、たまに投げ釣りしている人がいるんですが・・・。

 海水浴時に軽く家族や友達などを連れて、遊ぶにはいいかもしれません。

 

おすすめの記事