南東風に強い、ヤリイカの釣り場

・所在地(所在地は正確ではなく、だいたいの位置である事もありますがご容赦ください)

 〒041-0524 北海道函館市古武井町

 

f:id:hateburoponnpu:20180720171154j:plain

 

 女那川から、道の駅「なとわ・えさん」を越えて、国道278号線をすすむと、道路に分岐があり、そのまま山側の278号線から、海沿いの635線に変更して、進むとあるのが、山背泊漁港だ。

 

釣り場のポイントは下記の見取り図で確認しよう。(赤い矢印は、入投ポイント)

 山背泊漁港見取り図

f:id:hateburoponnpu:20180720171404j:plain

 

・南防波堤(Ⓐ)

 

 高い石壁を背にしている南防波堤(赤燈台が目印)

 ここは、途中までは幅が広いが、途中で狭くなる。狭くなっても車が入るスペースくらいは、あるので、地元の釣り人らしい車が入っているのを見たが、Uターンできるかは、微妙で、Uターンが難しい場合は、バックで戻らなければならないので、途中までは車で行き、道幅が狭くなったら、車を停めて、徒歩で先端付近まで行くかは、自分の運転技術や車の大きさと照らし合わせて、考えよう。ちなみに、車止めのブロックはついているものの、安全とはいえず、落車の恐れがないわけではないので、注意しよう。

一番の好ポイントはやはり先端の赤い燈台付近。

 ここは後ろの壁が高いので、投げるポイントは主に、港内船道へのちょい投げ、中投げとなる。

 魚種は、カレイ類(イシモチガレイ、マコガレイ)アブラコ、が主体で夜ならクロゾイも加わる。

 実は、ここはヤリイカの釣り場でイカのシーズンは夜釣りでヤリイカを狙える。

 イカの場合は、南防波堤の一帯を、テーラー仕掛けやエギングで狙う。

 港内で狙えるので、足場がよく、消波ブロック上のイカ釣りが苦手な人にはオススメの釣り場だ。

 イカは初夏よりも、秋頃のほうが期待できる傾向がある。

>主な魚種

 カレイ類(イシモチガレイ、マコガレイ)

 アブラコ

 クロゾイ

 ヤリイカ

>参考画像↓

 南防波堤先端までの道

f:id:hateburoponnpu:20180720172323j:plainf:id:hateburoponnpu:20180720172412j:plain

先端手前と先端の赤燈台

f:id:hateburoponnpu:20180720172524j:plainf:id:hateburoponnpu:20180720172600j:plain

 

・港内(Ⓑ)

 基本的に港内は投げ釣りの期待はできないが、イカのシーズンになると、夜にイカが港内に入ってくるので、そこを狙う。

 ここの位置は車が横止めできて、スペースも広いので、視覚の悪くなる夜に狭い南防波堤の道に車で入るのが不安な人は、このポイントでいいだろう。

 夜釣り専用のポイントになる。

>主な魚種

 ヤリイカ

 マイカ

>参考画像↓

 港内

f:id:hateburoponnpu:20180720172949j:plainf:id:hateburoponnpu:20180720173019j:plain

 

・西防波堤(Ⓒ)

 白燈台が目印の西防波堤。

 こっちは、船揚場の近くで、漁船が多く停まっている。

 ここも、道幅は細めで、車一台ははいれるがUターンが面倒で、まわりは、木箱やロープなので細々しているので、船揚場の手前あたりで車をとめて、徒歩で向かうのが良いだろう。

 西防波堤のポイントは、南防波堤と同じく、白燈台のある先端から船道付近へのちょい投げか、西防波堤の壁越しから外海への投げ釣りで、いずれも狙いは、カレイ、アブラコ狙いになる。

 ただし、根掛かりもするので、投げる距離、ちょい投げ、中投げ、遠投や仕掛け(遊動式、胴付き、ブラー)などを使い分けよう。

 ここも、イカのシーズンになるとイカも狙えるので、今の二つのポイントでイカを狙うのも有効だ。

 同じく秋~冬にはカジカが来るので、カジカ狙いも可能だ。

>主な魚種

 カレイ類(イシモチガレイ)

 アブラコ

 ヤリイカ

 カジカ

>参考画像↓

 西防波堤と先端部分

f:id:hateburoponnpu:20180720173518j:plainf:id:hateburoponnpu:20180720173612j:plain

胸壁

f:id:hateburoponnpu:20180720173709j:plain

 

 

 画像の情報が古い場合がありますが、あくまでも、参考程度にお考えください。

 個人を特定できそうな画像は極力、部分加工しています。

 

◆個人的釣港総評◆

釣りやすさ

★★★

期待度

★★★

オススメ度

★★★

 

 

  徒歩で移動するとしても、そこまで長い距離を歩くわけでないのと、壁越しからの気軽な投げ釣りができるのは良いのだが、所々根掛かりするのが難点だが、港内びイカ釣りならあまり気にならない。

 カレイ、アブラコなどの投げ釣りよりも、イカやカジカなどが狙える夜釣り向きの釣り場かもしれない。

 港内にはトイレはあるが、コンビニは278号線の女那川町戻る事になるので、必要なものはここに来る前に買っておくのが良いだろう。

 総評はあくまでの個人の感想ですのでご了承ください。

 

 

 

 

 

おすすめの記事