スポンサーリンク

ババガレイを狙える数少ない漁港

・所在地(所在地は正確ではなく、だいたいの位置である事もありますがご容赦ください)

 〒041-0604 北海道函館市 元村町140−1

 

f:id:hateburoponnpu:20180720213441j:plain

 

 

 国道278号線から、道道231号(恵山岬方面)にはいり進むとあるのが、椴法華港だ。

 ここは、ババガレイマツカワガレイなどの高級カレイが釣れる釣り場として人気がある釣り場だ。

 

釣り場のポイントは下記の見取り図で確認しよう。(赤い矢印は、入投ポイント)

 椴法華港見取り図

f:id:hateburoponnpu:20180720213623j:plain

 

・東防波堤(Ⓐ) 

ババガレイ、マツカワを狙える優良ポイントは、白燈台ある先端だが、現在(2018年6月)は立ち入り禁止になっているため、正確には、釣りをするポイントは、白燈台、手前の階段付近になる。

 先端部分までの距離は長いが、この堤の道幅が広く、車で先端までいけるので、すぐに釣りが始められ、夜では、車待機も可能でとても楽で良い。

 道幅は広く、小型車以外の車も入れてUターンでき、道も補正されて走りやすく、車止めブロックなどもあるので、この付近の港では、快適な投げ釣りができる。

 釣り場をさせえたら、港内船道側、外海側、にちょい投げ、中投げ、遠投と色々なポイントを探ってみよう。

 クロゾイ、アブラコなどもいるが、ここに来たのなら狙いはカレイで、ババガレイやマツカワガレイなどの高級カレイを狙おう。

 アブラコやクロゾイは、カレイ用仕掛けでも、釣れるため。

 港内は、そこまで根掛かりをしない印象だが、外海側は結構根掛かりするので、どの仕掛けをどこに投げるかは、ちゃんと考えよう。

 投入したあとは、三脚などに、竿を置いて、ノンビリとアタリがくるまで待つのが定番だが、ここは、車止めブロックがあるので、万能竿置きなどをブロックに固定して、竿置きしてもよい。

 車を停めて手軽に釣れる事から、先端部分は人気があり、地元のひとだけではなく、他の地域からや、家族連れの釣り人も多い。人気のポイントのため、日によって狙いのポイントがとれない場合もある。

 その場合は、他のポイントを狙うことになるが、港内にもババガレイが釣れるので、港内突堤付近から先端までの一帯を探って見るのも良いだろう。

>主な魚種

 カレイ類(ババガレイ、マツカワガレイ、マコガレイ)

 アブラコ

>参考画像↓

 東防波堤、立ち入り禁止階段前

f:id:hateburoponnpu:20180720214852j:plainf:id:hateburoponnpu:20180720214952j:plain

好ポイントの先端は現在立ち入り禁止

f:id:hateburoponnpu:20180720215052j:plain

港内途中の突堤と、立ち入り禁止手前のポイント

f:id:hateburoponnpu:20180720215157j:plainf:id:hateburoponnpu:20180720215227j:plain

 

 

 

・北防波堤(Ⓑ)

 東防波堤の向かいにあたる北防波堤の先端(赤い小型燈台がある)

ここからも船道付近を狙えるので、前方9時から3時ほうこうまで、ちょい投げ、中投げをすれば良い。

 ただし、北防波堤の先端までは、道が狭く車でいけないため、徒歩で行かなくてはならないので、お手軽さにおいては、東防波堤に劣るので、東防波堤が取れなかった場合の第二候補として考えよう。

 みなみに、先端の手前右横には消波ブロックのついた突堤があり、そこで、ブラーやワームで探れば、クロゾイガヤなんかも狙えるので、先端で投げて、三脚などに竿を置いて待っている暇な時間にやってみるとよい

>主な魚種

 カレイ類(ババガレイ、マツカワガレイ)

 クロゾイ

 ガヤ

>参考画像↓

 北防波堤までの道と先端付近

f:id:hateburoponnpu:20180720215544j:plainf:id:hateburoponnpu:20180720215632j:plain

横にある突堤と消波ブロックのゴロタ場

f:id:hateburoponnpu:20180720215734j:plainf:id:hateburoponnpu:20180720215800j:plain

 

 

 画像の情報が古い場合がありますが、あくまでも、参考程度にお考えください。

 個人を特定できそうな画像は極力、部分加工しています

 

◆個人的釣港総評◆

釣りやすさ

★★★★

期待度

★★★

オススメ度

★★★

 

 

 東防波堤は道幅がとても広く、車を簡単に横止めできて、すぐに投入でき、ババカレイ、マツカワガレイなど大物釣りが狙えるので、高級カレイ狙いならおすすめの釣り場。

 ただし、数は期待できないので、あくまでも大物狙いの釣り場になり、白燈台のある先端部分が立ち入り禁止(2018年6月~)なっているため、立ち入り禁止手前が今の人気ポイントだが、ポイントが狭まり他の釣り人に押さえられている事が多い。

 ちなみに小型のマツカワは漁業資源を守るために、リリースしよう。

 

 総評はあくまでの個人の感想ですのでご了承ください。

 次の狙い場は、東防波堤の向かいにあたる北防波堤の先端(赤い小型燈台がある)だ。

ここからも船道付近を狙えるので、前方9時から3時ほうこうまで、ちょい投げ、中投げをすれば良い。

 ただし、北防波堤の先端までは、道が狭く車でいけないため、徒歩で行かなくてはならないので、お手軽さにおいては、東防波堤に劣るので、東防波堤が取れなかった場合の第二第三候補として考えよう。

 みなみに、先端の手前右横には消波ブロックのついた突堤があり、そこで、ブラーやワームで探れば、クロゾイガヤなんかも狙えるので、先端で投げて、三脚などに竿を置いて待っている暇な時間にやってみるとよい。

 他には東防波堤の先端まで間の、丁度半分くらいにある突堤部分から、港内に向かってちょい投げやなどで港内を探ってみてもいいが、港内狙いなら夜釣りがおすすめだ。

 港内にはトイレがある。港の周りにはコンビニは無いので来る場合は事前に恵山あたりのコンビニで買っておこう。

 

総評・・・。

釣りやすさ

★★★★

期待度

★★★

オススメ度

★★★

 

 車を横止めして、すぐに投入できる港で、ババカレイ、マツカワガレイなど大物釣りが狙えるので、高級カレイ狙いならおすすめの釣り場。

 ただし、数は期待できないので、あくまでも大物狙いの釣り場になり、先端付近の人気ポイントは他の釣り人に押さえられている事が多い。

 ちなみに小型のマツカワは漁業資源を守るために、リリースしよう。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事