スポンサーリンク

爆弾低気圧で被害をうけた漁港

・所在地(所在地は正確ではなく、だいたいの位置である事もありますがご容赦ください)

 〒041-1601 北海道函館市古部町73

 

f:id:hateburoponnpu:20180722010950j:plain

 

 椴法華港から、再度228号線に戻り進むと、あるのが古部漁港

 狙い目のポイントは、東防波堤(白い燈台)の先端からの投げ釣りでの、アブラコ狙いなのだが、2006年の爆発低気圧の通過によって、東防波堤が被害をうけ、現在は以前の姿に復旧しようで、見た目では問題ないように見えるが、白い燈台のある先端部分は立ち入り禁止になっていて、2018年現在でも立ち入り禁止のフェンスがあため入釣りはできない事にない。

 以上を踏まえて、東防波堤の先端以外の釣り場ポイントを紹介しょう。

 

釣り場のポイントは下記の見取り図で確認しよう。(赤い矢印は、入投ポイント)

 古部漁港見取り図

f:id:hateburoponnpu:20180722011104j:plain

 

 

 

・東防波堤(Ⓐ)

 ここは、爆弾低気圧で破損したために、途中で立ち入り禁止のフェンスがあるので、先端までは、いけない事になっている。

 ただし、画像で見たみたいに地元の釣り人は勝手に中にはいっているようだ。

 以前は、先端からの遠投などでアブラコを狙う事ができた。

 立ち入り禁止フェンス前までは車で入れるので、フェンス前で釣りをするなら、楽に投げ釣りが始められる。

 ここは、椴法華港に近く、この海域でもババガレイが釣れる事がある。

 他にも、シーズン中には夜釣りでイカが釣れ、イカは港内のエリアで狙える。

>主な魚種

 アブラコ

 ババガレイ

 クロゾイ

 ヤリイカ

>参考画像↓

 東防波堤と手前の突堤

f:id:hateburoponnpu:20180722011510j:plainf:id:hateburoponnpu:20180722011542j:plain

 

 

・北防波堤(Ⓑ)

 北防波堤は、道幅が細く車では入れないので、徒歩で行くことになる。

 先端からのチョイ投げで船道を狙う。アブラコ狙いだが、秋頃にはカジカなどが来るので狙える。

>主な魚種

 アブラコ

 カジカ

>参考画像↓

 北防波堤

f:id:hateburoponnpu:20180722012104j:plain

 

 

・港内突堤(Ⓒ)

 港内の細長い突堤部分、チカが港内に入ってきた時は、ここでサビキ釣りができる。

 日中は港内のサビキ釣り程度しかできないが、秋にはカジカが来るので、夜釣りで港内をワームやブラーで探るといい。

>主な魚種

 チカ

 カジカ

>参考画像↓

 突堤部分

f:id:hateburoponnpu:20180722012515j:plain

 

 

 画像の情報が古い場合がありますが、あくまでも、参考程度にお考えください。

 個人を特定できそうな画像は極力、部分加工していま

 

◆個人的釣港総評◆

釣りやすさ

★★

期待度

★★

オススメ度

★★

 

 メインの東防波堤先端に行けない場合は、釣り場が減り、ここの魅力は半減する。

 実際に、防波堤は見た目では復旧しているようだが、依然立ち入り禁止になっているものの、見た感じでは、地元の釣り人は普通に入っている。

 ただし、禁止エリアでの釣りは自己責任になるので、あまりオススメはできない。

  似たような釣り場で車での出入れが楽な椴法華港などもある事から、そっちへ行く事も検討にいれるてみると良いだろう。

 総評はあくまでの個人の感想ですのでご了承ください。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事