スポンサーリンク

港であり観光地でもある釣場

・所在地

 〒043-0045 北海道檜山郡江差町字鴎島

f:id:hateburoponnpu:20180716192645j:plain

 

 かもめ島を利用して作られた江差港は巨大な港であり、かもめ島、ファリー乗り場、町役場、江差港マリーナ、開陽丸(道の駅)と、港内に色々な施設が存在して、江差港は漁業者、運送業者、観光客と多くに人がいる。

 江差港エリアそのものが観光地なので、とくに、夏休みや祭りのシーズンでは、人でごった返す場所になる。

 現在、江差港の右側にあたる東外防波堤基部外海側岸壁エリアは、工事中のため立ち入りできず。

 中埠頭~フェリー乗り場は、日中から人と車の出入りが激しく釣りのできる場所ではなく、釣港案内のポイントとしては除外する。

 上記の詳しい見取り図や説明は、道南釣り情報「江差港の工事情報」とフェリー乗り場の記事を参考にしてもらいたい。

 上記の理由から、江差港は、大きさの割には、釣り場のポイント少なめだ。

 

釣り場のポイントは下記の見取り図で確認しよう。(赤い矢印は、入投ポイント)

 見取り図

f:id:hateburoponnpu:20180710201759j:plain

 

・かもめ島駐車場付近(Ⓐ)

 観光地であるかもめ島の駐車場手前のスペース

 ここは、江差港で手軽に釣りができるポイントで、車の横止めも可能で、ここからの投げ釣りカレイ類(クロガシラ)などを狙う。

 港内ではあるが比較的水深はあるので、ちょい投げ、中投げでも良い。

 少し出っ張った突堤部分もあるので、そこの先端付近から港内を探って見てもよい。

 カレイの中で、クロガシラガレイは港内に入り込む習性があるので、とくに狙い目だ。

 日中でも空いているポイントだが、港内のカレイ釣りの特性から、夜釣りも有効だ。

 

>主な魚種

 カレイ類(クロガシラガレイ)

>参考画像↓

 *防波堤

f:id:hateburoponnpu:20180710202625j:plainf:id:hateburoponnpu:20180710202704j:plain

突堤とその先端

f:id:hateburoponnpu:20180710202750j:plainf:id:hateburoponnpu:20180710202823j:plain

 

・西防波堤(Ⓑ)

 西防波堤までは、かもめ島のかもめの散歩道を通っていく事になる。

 かもめ島は車でいけないので、かもめ島の駐車場に車を停めて徒歩で進もう。

 西防波堤までは、細い道を約15分前後歩く事になるので、投げ釣りの道具一式を持って行く場合はできるだけ身軽にしよう。

 西防波堤そのものは広く長い道が続く。

 好ポイントは先端の赤燈台付近で、そこからのちょい投げ、中投げ、遠投でカレイ類(マコガレイ、クロガシラ、ソウハチ)を狙う。

 ちなみに先端正面には西外防波堤があり、一見いけそうに見えるが、道はなく消波ブロック帯は繋がっているものの、消波ブロック帯を移動するのは大変危険なので、どうしても西外防波堤で釣りをしたい場合は、渡船などを利用すると良い。

 西防波堤だけでも長く、水深そのものはあるので、先端以外にも、港内側へ色々なポイントから探って見るのも良い。

 カレイ狙いの投げ釣りだけでなく、秋頃になるとホッケなども狙える。

 

>主な魚種

 カレイ類(マコガレイ、クロガシラガレイ、ソウハチガレイ、ホッケ)

>参考画像↓

 かもめの散歩道

f:id:hateburoponnpu:20180710204330j:plain

西防波堤と真ん中あたりのポイント

f:id:hateburoponnpu:20180710204416j:plainf:id:hateburoponnpu:20180710204549j:plain

西防波堤先端付近(赤燈台)

f:id:hateburoponnpu:20180710204751j:plainf:id:hateburoponnpu:20180710204844j:plain

西外防波堤

f:id:hateburoponnpu:20180710205113j:plain

 

 

 画像の情報が古い場合がありますが、あくまでも、参考程度にお考えください。

 個人を特定できそうな画像は極力、部分加工しています。

 

◆個人的釣港総評◆

釣りやすさ

★★★

期待度

★★★★

オススメ度

★★★

 

 駐車場前、西外防波堤ともに、良型のカレイが狙える好釣り場ではあり、実際には江差港内は多くの好ポイントが存在するが、上記で書いたとおり江差港は一帯が、観光地であり、現在一部は工事中で、現在、釣りのできる場所は少ない。

 漁業関係者だけでなく、多くの観光客が訪れるエリアで、とくに祭りがある夏休みシーズンはかなり混むので、日中の釣りはとてもやりずらい日もある。

 かもめの散歩道は、多くの観光客に地元のジョギングの人もいるので、ロッドを持って移動する時は人にぶつからないように注意しよう。

 

 

 総評はあくまでの個人の感想ですのでご了承ください。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事