スポンサーリンク

 

・2018年 7月上旬~下旬

・函館市内エリア

・対象魚種「イワシ」

 

f:id:hateburoponnpu:20180728113648j:plain

 

◆説明

 6月から連れてきた函館港エリアのイワシ釣り。

 途中、イレグイは無くなり落ち着いたかと思ったが、水温が上がってきたせいか、7月に入って、コンスタントに釣れ始め、7月末の現在においても、その釣果は下がらない。(ただし、日によってムラはあり三桁釣りのチャンスは一ヶ月に一回あるかないか程度)

 釣り場のエリアはやはり函館港が人気で・・・。

・中央埠頭~万台埠頭

・船だまり

 このエリア付近がとくに良さそうだ。

 他の候補としては、ベイエリアも悪くない感じなので、第2候補として覚えておこう。

 狙う時間帯は、やはり、早朝と夕方のマズメが狙い目。

 港内の情報は、過去の釣港案内で確認してください。

 狙う時間帯は、やはり、早朝と夕方のマズメが狙い目で、仕掛けはイワシ・サバ仕様サビキ仕掛けの6号~7号針(定番の緑玉がついているのが良さそう)

 回遊魚なので日によってあるムラは避けられなく、三桁釣りできるイレグイは希だが、20~50匹くらいのプチイレグイは、ポツポツあるので、2~3回行って、全部ボウズはなさそうだ。

↓釣港案内過去記事

 

 

www.turikuma.com

 

 

www.turikuma.com

 

 

◆イレグイ予想◆

 ★★★★★

 

  夏休み時期にはいり、夏もピークを迎える。

 この時期はカレイ釣りは、水温があがり夏枯れで落ち着く事から、道南エリアはチカ釣りが盛んになるのが定番だったが、近年のイワシは、なかなか釣果が落ちない事から、函館のイワシ釣りが定着するかもしれない、要チェックだ。

 期待も込めて★5にしておく。

 予想はあくまでも個人の見解なのでハズレる場合もありますので、ご了承ください。

スポンサーリンク
おすすめの記事