サケ釣り基地として作られた漁港

・所在地(所在地は正確ではなく、だいたいの位置である事もありますがご容赦ください)

〒049-2673 北海道二海郡八雲町東野36

f:id:hateburoponnpu:20180801172401j:plain

同じく落部エリアにあり、落部漁港から、五号線を進むとある漁港。

近くに野田追川があるので、雨などの後は、とても濁っている事もあるので注意しよう。

釣り場のポイントは下記の見取り図で確認しよう。(赤い矢印は、入投ポイント)

落部(東野)漁港見取り図

f:id:hateburoponnpu:20180801173027p:plain

・北防波堤(Ⓐ)

定番の外海側の防波堤で、車では入れないので、徒歩で先端まで行くことになる。

先端につくと、消波ブロック越しの遠投でカレイ類(砂ガレイ、イシモチガレイ)を狙ってもいいが・・・。

ここでは。先端、高台下のポイントから、船道へのチョイ投げや中投げが有効だ。

主にカレイ類(砂ガレイ、イシモチガレイ、)にアブラコなどを狙う。

先端がとられている場合は、途中にある突堤先端からの投げ釣りでも良い。

ここは、大潮の満潮時は、かなり水位があがり、漁船の出入り程度でも波が上がるので波を被らないように注意しよう。

>主な魚種

・カレイ類(砂ガレイ、イシモチガレイ)

・アブラコ

>参考画像↓

北防波堤と途中の突堤

f:id:hateburoponnpu:20180801173606j:plainf:id:hateburoponnpu:20180801173651j:plain

先端高台手前(船道ポイント)と先端白燈台

f:id:hateburoponnpu:20180801173812j:plainf:id:hateburoponnpu:20180801174146j:plain

・港内~西防波堤(Ⓑ)

秋頃から、細い突堤の西防波堤から、港内一帯のチカ釣りで良型のチカが狙えるので覚えておこう。

>主な魚種

・チカ

>参考画像↓

西防波堤と港内の突堤付近

f:id:hateburoponnpu:20180801174433j:plainf:id:hateburoponnpu:20180801174512j:plain

・防砂堤(Ⓒ)

漁港から出て左側の砂場にある防砂堤の先端は、投げ釣りの好ポイントで、カレイ類(砂ガレイ、イシモチガレイ)、アブラコ、カジカなどが狙える。

北防波堤がイマイチの場合はこちらで釣れる事が多い。

ただし、先端のスペースは狭いので、他の釣り人がいる場合はあきらめよう。

防砂堤の入り口の前の砂場には車でも入れるが、砂場なので、二駆の車の場合、砂にタイヤをとられる恐れがあるので、その場合は、港内に車をとめて徒歩で砂場に行こう。

>主な魚種

・カレイ類(砂ガレイ、イシモチガレイ)

・アブラコ

・カジカ

>参考画像↓

防砂堤入り口付近と先端付近

f:id:hateburoponnpu:20180801175205j:plainf:id:hateburoponnpu:20180801175230j:plain

 画像の情報が古い場合がありますが、あくまでも、参考程度にお考えください。

 個人を特定できそうな画像は極力、部分加工しています。

◆個人的釣港総評◆

釣りやすさ

★★

期待度

★★★

オススメ度

★★

どこも先端までは、徒歩で行くので釣りやすいわけではないが、近場の落部漁港が釣りのできるポイント少ないので、落部エリアで釣りをしたいのなら、こちらの方がオススメでもある。

 総評はあくまでの個人の感想ですのでご了承ください。

おすすめの記事