スポンサーリンク

夜釣りに期待がもてる漁港

・所在地(所在地は正確ではなく、だいたいの位置である事もありますがご容赦ください)

〒049-1641 北海道松前郡松前町館浜492

f:id:hateburoponnpu:20180809171639j:plain

国道228号線を函館、北斗方面から進んでいると、ある漁港で、おもに夜釣り向きの漁港だったが、現在は工事中のためポイントは限られている(2018年7月)

釣り場のポイントは下記の見取り図で確認しよう。(赤い矢印は、入投ポイント)

館浜漁港見取り図

f:id:hateburoponnpu:20180809171852p:plain

・南防波堤(Ⓐ)

南防波堤は道が細く、車ではいけないので、徒歩で行くことになり、先端部分を目指す。

先端につくと、チョイ投げか、先端足下付近を、ブラーワームクロゾイを狙う。

夜釣り向きのポイントで、夏~冬までシーズン通して狙えるが、大型が狙えるのは秋頃からだ。

>主な魚種

・クロゾイ

>参考画像↓

南防波堤入り口と、先端までの道

f:id:hateburoponnpu:20180809172925j:plainf:id:hateburoponnpu:20180809173005j:plain

先端と、その足下付近

f:id:hateburoponnpu:20180809173114j:plainf:id:hateburoponnpu:20180809173143j:plain

・港内突堤(Ⓑ)

港内にある突堤は夜釣りのポイントで、港内左右のポイントへ、チョイ投げ、中投げで、カレイ類(マコガレイ、クロガシラガレイ)を狙う。

幅が広く、車を停めてすぐに釣りが始められる。

ただし、あくまでも夜釣りのポイントなので、日中は期待できない。

主な魚種

・カレイ類(マコガレイ、クロガシラガレイ)

>参考画像↓

港内突堤付近

f:id:hateburoponnpu:20180809173759j:plainf:id:hateburoponnpu:20180809173829j:plain

・港内西護岸(Ⓒ)

こちらも、港内右側の西護岸付近のポイント。

同じく夜釣りの投げ釣りでカレイ類(マコガレイ、クロガシラガレイ)を狙う。

突堤に先客がいた場合は、こちらで釣るといいだろう。

道幅も広く車の横止めも簡単なのは同じだ。当然、夜釣り向きなので日中がイマイチなのも同じだが・・・。

>主な魚種

カレイ類(マコガレイ、クロガシラ)

>参考画像↓

港内西護岸エリア

f:id:hateburoponnpu:20180809174659j:plainf:id:hateburoponnpu:20180809174726j:plain

・西防波堤(工事中)

本来は、西防波堤葉先端は、クロゾイ、ヤリイカ、クロガシラガレイなどが狙えるポイントだが、現在は工事中で釣りはできない(2018年7月の情報)

看板の通知を見ると平成30年9月14日(下画像で確認)まで続くようだ。

 工事終了後に情報を追加する可能性アリ

>参考画像↓

工事画像

f:id:hateburoponnpu:20180809175304j:plainf:id:hateburoponnpu:20180809175331j:plain

 画像の情報が古い場合がありますが、あくまでも、参考程度にお考えください。

 個人を特定できそうな画像は極力、部分加工しています。

◆個人的釣港総評◆

釣りやすさ

★★★★

期待度

★★★

オススメ度

★★★

夜釣りで、車を停めて手早くカレイ釣りのできる釣り場だが、現在は、西防波堤が工事中のため釣りのできるポイントは少なくなり、ほぼ夜釣りになるため、総評は少し低め(工事完了後には再評価の可能性アリ)

ただ、夜釣りの車を停めて釣りのできる港内ポイントで釣りはできるので、はじめからそこ狙いなら、十分釣りができ、釣果も期待できる。

 総評はあくまでの個人の感想ですのでご了承ください。

スポンサーリンク
おすすめの記事