9月に入って台風、地震、停電と北海道全体が慌ただしく、一部のインフラや、ガソリンの問題などもあり気軽に釣りがやりづらい状況で、ブログの更新もだいぶ遅れましたが、今はだいぶ復旧した思われますので、来週あたりから、ブラリと釣りの情報を更新していきたいと思います。

そこで、今年の道南の釣りの魚種を、少し予想していきたいと思います。

f:id:hateburoponnpu:20180913164152j:plain

◆2018年 秋の釣り魚種◆

◆アキアジ(鮭)釣り

秋鮭がスーパーや鮮魚店に並んできたのでましたね。

数釣りする魚ではないですが、北海道の風物詩なので年に一匹は釣っておきたい魚です。

道南エリアは、個人的感覚では、9月末くらいからだと思いますが、せたな町あたりでは釣れているいう情報(道新、つりしん参考)あるので、ちょくちょく近場のエリアをのぞいてみようと思います。

>主な釣れるエリア

・道南のサケの回遊してくる通年通りの釣り場所。

 アキアジ(サケ)はその特性から、ほぼ、釣る場所が限られて、定番の場所になるので、全部書くと多いので省きます。

◆サバ釣り

おもに函館周辺のイワシの入りはそろそろ、落ちついてきた感じがあるので、秋ころから始まるサバ釣りに期待がもてます。

>主な釣れるエリア

・中央~万台埠頭(函館市)

・港埠頭(函館市)

◆ホッケ釣り

サバと同じくサビキ仕掛けでも、釣れる大きめの魚です。

どちらかというと、道南の左側エリアが良く釣れ、「ホッケのせたな」は有名です。

>主な釣れるエリア

・せたな町エリア全般(せたな町)

◆チカ釣り

今年のチカは個人的には、定番の旧南茅部エリアよりも、森港あたりなどが安定して釣れていた印象があります。

秋のチカは数釣りよりも大きいサイズ狙いになります。

>主な釣れるエリア

・尾札部~大舟漁港(函館市)

・森港(森町)

◆カレイ釣り

北海道の釣りの主役のひとつ。

夏枯れも終わり涼しくなってきたので、そろそろ良い感じです。

夏はどうしてもイシモチガレイが多くなるので、秋には、数、サイズともに期待できるので、カレイの五目釣りを狙いたいです。

>主な釣れるエリア

・国縫漁港(長万部)

道南に限らず北海道の釣りは雪が降ると、魚種だけでなく移動もしずらくなるので、道南の釣りはここ2~3ヶ月が最後のラッシュです。

上記以外にも釣れる魚はありますが、記事、日記ともに上記の魚種がメインになると思いますので、お楽しみにお待ちください。

おすすめの記事