サバ釣り攻略

f:id:hateburoponnpu:20180923025005j:plain

初夏から釣れたイワシが置き着いてきたので、そろそろ道南(おもに函館周辺)のサビキ釣りも、サバに移行してきた。

休日には、函館港(港埠頭)に多く釣り人が訪れ、サバもポツポツ釣れ始めている。

見た感じだと、型はチョイ小さめで、イレグイとはいかないが、ピークは近いかな?と思われるので・・・。

そこで、もう一度、サバ釣り攻略をおさらいしてみます(おもに初心者向けの説明です)

◆釣り方

サバは、サビキ釣り、浮き釣り、ルアー釣りなどで、釣れるが道南では、手軽なサビキ釣りが主流。

近年はルアー釣りをしている人がいるが、釣港案内で、説明している通り、函館で人気のサバ釣り場の港埠頭では、ピーク時には、釣り場がないほど混むので、おまつり(釣り人同士の糸がらみ)になりやすく、やりづらい。

そこで、ここでの説明は定番の「サビキ釣り」で説明する。

◆ロッド、リール

チカ釣りなどの場合は、延べ竿でも釣れるのでリールはいらないが、函館市内のサバの釣り場は、港埠頭~中央埠頭を意識しているので、とくに港埠頭は、海面と堤の距離があるのでリールが必須になる。

リールは、秋頃のサバは30cm越えるサイズも釣れるが、そこまで重要ではなく、2000番前後あれば良い。

無ければ、それより大きくても、小さくても問題ないだろう。

ロッドは、サビくのでしなりがある磯竿や少し長めのルアーロッドが好ましいが、無ければあるロッド(投げ釣りロッドなで)でもかまわない。

函館の周辺では、あまり動かさず、竿受けなどに固定させてアタリを待つのが、多いので、少し長めのロッド(4m前後)のほうがやりやすい。

◆仕掛け

サバ釣り用の仕掛け参考図

f:id:hateburoponnpu:20180920110316p:plain

 参考図はあくまでもイメージ図なのでご了承ください。

①ホログラムシート

必須ではないが、サバはキラキラしているモノに反応するので、釣り人の中には、仕掛けに付けている人が多い。

ピカピカしていれば、基本的なんでも良いので、釣り具店で売っているものでなくても、100円ショップで買って自作するのもあり。

②コマセカゴ

サビキ釣りなので、コマセを使用したほうが釣果アップにつながる。

チカよりも、少し深い所に落とすので、チカ用の小さめの網よりは、少し大きめのものが良いと思う。

私は、投げサビキで使うロケット型のカゴを使用している。

使うコマセは何でも良いが、定番の生タイプのアミピュアが人気だ。

定番のアミピュア

f:id:hateburoponnpu:20180923025311j:plain

③サビキ仕掛け

仕掛けはサビキ仕掛けで、サバは緑の玉によく反応するので、釣果アップを望むなら緑の玉がついているのが好ましい。

針のサイズは7号前後。

食いつきの悪い場合は、7号より小さめ(6~5号あたり)にしてみよう。

参考画像

ハヤブサの北海道仕様のサビキ仕掛け

f:id:hateburoponnpu:20180923025739j:plain

④オモリ

オモリはサビキなのでそんなに重くなくて良い(5~10号くらい)

波があるときは少し重めにする程度でいい。

上記で書いたとおりサバは光モノに反応するので、少しでも釣果アップを狙うなら、オモリも通常のねずみ色のオモリより、銀色(メッキ)にしたり、いらくなくなったメタルジグなどをオモリの代わりするのもアリ。

この「ピカピカしたものを多く付ける作戦」を体感的には効果アリ。

あれば便利な道具

・竿受け

f:id:hateburoponnpu:20180923025449p:plain

サビキ釣りというと、文字通り上下などに揺すりサビくイメージがあるが、意外に道南のサバ釣りは、そんなにサビかずに、車止めブロックなどに固定するタイプの竿受けに置いて、そのまま待つスタイルの釣りが多い。

基本的に、軽く垂らすような感じで仕掛けを海面に落とし、リールで探る深さ(タナ)を決めたら、そのまま、竿受けに置いて、待つ感じで、竿置きで固定されているので、仕掛けが波で流され、堤壁に引っかかる事もないので、とても便利で、道南でもサバ釣り人気の釣り場である港埠頭などでは、このスタイルがとくに多い。

竿受けは、釣り具店などで、低価格のものなら2000円前後って売っているが、中には自作のモノを使用している釣り人もいる。

函館港のサバ釣りのイメージ風景

f:id:hateburoponnpu:20180923033028p:plain

おすすめの記事