北海道(道南)釣り日記 2018年 9月下旬。

【尾札部漁港のチカ釣り】

f:id:hateburoponnpu:20180930235834j:plain

・9月も終わりましたが、台風が近づいているので、雨が多い週でした。

そんな中、先週は、朝早くおきてしまい、天気も良い日だったので、なんとなくチカ釣りに行くことにしました。

釣港案内で何度か説明していましたが、旧南茅部エリアはチカ釣りの盛んな地域で、夏休みにはよくチカ釣りに行ったのですが、近年はムラが多くなってイマイチ釣れない日も多くなったように思えます。

今年の夏は、2度ほど行きましたが、イマイチでした。

今年は森港のチカ釣りのほうが調子良かった感じがしました。

そんな中、道新などの釣り情報で、尾札部~古部漁港周辺でチカが釣れているとあったので、軽く行ってみる事にしました。

出発は、午前6時頃で、マイカーで南茅部バイパスを走って、だいたい30~40分程度で尾札部漁港に着きました。

すると、港内には10人程度の釣り人がいて、チカ釣りをしています。

まずは、港内の釣れ具合をみて、このまま尾札部漁港で釣るか次の古部漁港に行くか、決める事にしました。

すると、コンスタントにチカが釣れているので、ここで釣る事にしました。

釣り人が多く集まっているのが、港内中央の突堤左側から、船揚場までの場所で、私もそこに場所を取って釣りを始めました。

↓今回のポイント

f:id:hateburoponnpu:20181001001741j:plain

ですが、準備をしてひとつ気づいた事がありました。

チカ釣りは、エサ付けするスピード仕掛けをよく使うのですが、エサ付け器を忘れてしまいました。

なんとなく気まぐれで釣り具をまとめて来たので、積み忘れたようです。

エサ付け器はなくても手動でコマセをつければいいのですが、軽めの釣りをやるつもりだったので、なんとなく、気分をかえて、オーロラハゲ皮にしてみました。

↓今回の仕掛け

f:id:hateburoponnpu:20181001002623j:plain

仕掛けを延べ竿につけて、コマセを5回ほど投げたあとに、仕掛けを入釣りすると、すぐにアタリがあり、比較的良型のチカが釣れました。

この日はとても天気はよく風もそこまで強くないのですが、その割には海面は波が立っていたので、少し細波の動きにあわせながらサビクと、一定間隔でチカが釣れました。

サイズもまぁまぁ、大きめです。

そんな感じで、30分くらいで、良い感じに釣れていましたが、波がピタリと停まると、逆に釣れなくなりました。

日も完全に登り切り、細波も停まると、海面に多くのチカの魚影が見えます。

明るくなってきたので、チカも警戒しだしたかな?

普通なら、このままもう少し頑張るんですが、今日は長居しないと決めていたので、仕掛けをオーロラハゲ皮から、ピンクスキンに換えてみました。

↓換えた仕掛け

f:id:hateburoponnpu:20181001003745j:plain

コマセを撒きながら、ピンクスキンで再開します。

すると、すぐにアタリが来て多く釣れ始めます。

仕掛けを海に落として、一分もしないうちに釣れます。

どうやら、ピンクスキンのほうが反応がいいのかな?

と、思って、釣れたチカをじっとみると……。

小さいです。

最初に釣れたチカに比べると、小型ばかりが釣れます。

大型はやはり警戒が強くなったのか、針サイズ4号じゃ、逆に小さいので、良型よりも小型が引っかかってしまうのか?

とにかく、小型のチカメインで釣れます。

周りをみると、全体的にウキの一本針釣りで、良型をピンポイントで釣っている人が多いです。

f:id:hateburoponnpu:20181001005954j:plain

そんな感じで30分くらい釣りをすると、チカの天ぷら(唐揚げ)にできるくらいは釣れたので、今日はそうそうに帰る事にしました。

◆本日の釣果(尾札部港)

f:id:hateburoponnpu:20181001010141j:plain

◆釣り時間

午前7時~8時くらい。

◆感想

なんとなく、行き当たりばったりで釣りましたがコンスタントに釣れたので、ストレスはありませんでした。

約1時間くらいで、30~40匹で、もう少し頑張れば3桁もいけたと思うので悪くない感じでした。

夏休みのチカ釣りのイメーシが強い南茅部ですが、この感じだと秋でも、今のところは安定して釣れそうです。

 あくまでも個人の体験談なので、時間や状況には、一部記憶の誤りがある事がありますが、ご理解ください

おすすめの記事