冬の風物詩「ワカサギ釣り」!!

f:id:hateburoponnpu:20190217000103p:plain

◆説明◆

釣りは一般的に冬はお休みという人も多いですよね?

実際、寒く、危なかったり、移動が不便など「釣りづらい」環境なのは確かです。

正直、気づいているかもしれませんが、この釣りクマの記事の更新も鈍いです。

そんな中、冬ならでは釣りといえば「ワカサギ」釣りが有名ですよね?

氷の上から釣るアレです。

でも、まわりに聞いてみるとワカサギ釣りは知っていても、実際やった事のある人は意外に少ないです。

そこで少し道南のワカサギ釣りに説明します。

◆ワカサギ釣りは氷に穴あけたり難しそう◆

ワカサギ釣りといえば、氷に穴を開けて、横にテントを張りながら釣るというイメージがありますよね?

TVとかでやってますね。

本格的にやる人はそうですが、実は釣り穴は、釣り場が用意してくれているので、自分で穴は開けなくてもいいです

それと、タックル(釣り具一式)は、レンタルできるので、基本的に手ぶらでも始められます。

◆ワカサギはどこで釣れるの?◆

ワカサギはチカに似ていますが、そこらの漁港では釣れません。

道南で釣れるのは七飯町大沼です。

大沼といえば、観光地で有名なあの大沼です。

大沼でワカサギ釣りができる釣り場は・・・。

・大公園(大沼国定公園)

〒041-1354 北海道亀田郡七飯町大沼町1023−1

f:id:hateburoponnpu:20190218234540j:plain

・蓴菜沼

〒041-1355 北海道亀田郡七飯町西大沼317-2

f:id:hateburoponnpu:20190218234606j:plain

この二つです。

大公園は、観光地である大沼駅近くの国定公園内にあります。

蓴菜沼は、五号線側にあります。

ふたつの釣り場は、同じ大沼の釣り場ですが、距離は結構離れています。

ここで注意しなければならないのは・・・。

両方とも有料釣り場という事です。

遊漁券という釣りをしていい権利を買います。映画や遊園地みたいな感じです。

道南の海釣りには、有料の釣り場はないですが、川や沼はこの遊漁券を買って釣る有料の釣り場があるので気をつけてください。

大沼は広いですが、遊漁券を購入せずに釣ると違法行為になりますので注意してください。

◆どちらがいい?◆

それで、どっちがいいの?それともどっちも同じ?

と、思いますが、この二つは、

・遊漁券(一日券)¥600円(中学生以下300円)

・貸し竿(仕掛け、エサ付き) ¥500円

釣り具持参の人は600円

釣り具をレンタルする人は、大人一人1100円かかります。

までは一緒ですが、立地や貸し竿の細かい条件や釣り環境に、少し違います。

◆貸し竿の注意事項◆

貸し竿のレンタル料はどちらも500円なんですが、貸し竿の条件に違いがあります。

・竿は破損

竿を破損した場合は、大公園は弁償1000円ですが、蓴菜沼は500円で蓴菜沼の方が安いですが、子供でもない限り竿を壊す事はそんなに無いのであんまり考えなくていいです。

・仕掛け破損

仕掛けを使い物にならなくなった場合は大公園が400円、蓴菜沼は300円です。

仕掛けは、仕掛け同士の糸が絡んだり、衣類(手袋)などに針が引っかかって、引っ張ったら壊れたとか、とくに釣り慣れしていない人は結構多いので気をつけましょう。

ここで、注意しないといけないのは、大公園は仕掛けもレンタル品で最後に返さないといけないという事です。

仕掛け壊れたからやめるでも、400円とられます。

・針破損

大公園は、実は針の破損でも針1個につき100円とられます。

上記で書いたとおり大公園は仕掛けも返却するので、竿を返すときに仕掛けや針の破損をチェックされます。

針は長く釣りをしていると、何度も魚からはずしているうちに壊れたりなどがあるので、針破損金は、地味に痛いです。

こうやってみると、大公園の方が貸し竿の条件は厳しいです。

子供や釣り慣れしていない人は、仕掛けを数回壊すと、結構な額になります。

ワカサギ竿はそこまで高くないので、竿、仕掛け、エサを持参するのもアリです。

◆駐車料◆

大公園は観光地にあるので、車の駐車場も有料です。

国定公園の駐車場代は400円です。

蓴菜沼は駐車代はとられません(無料)です。

◆ビニールハウスでの釣りの有無◆

蓴菜沼の受付は氷上のビニールハウスにあります。このビニールハウス内でも釣りができます。

ビニールハウス内では、売店があり飲食物の販売もしているので、寒い外ではなく暖かいハウス内での釣りができます。

テントがない人は、これはとても助かります。

大公園は基本的に、室内釣りのできるハウスはありません。

ただし、大公園は釣り堀などで釣りができます(できない時もある)

蓴菜沼のビニールハウス内の釣り場

f:id:hateburoponnpu:20190218233210j:plain

 ただし、ハウス内は近い位置でみんなが釣るので、釣果は外の方がいい気がします。

◆立地◆

観光地というだけあって、大公園のまわりには、飲食店、コンビニ、お土産屋など、いろいろな施設があり、国定公園では催事をやっている事もあります。

逆に蓴菜沼はまわりには何もありません。

結論◆

それで結局、どっちがいいの?

と、いわれると、あくまでも私個人の判断ですが・・・。

釣り重視で観光もしないのなら蓴菜沼。

観光も視野にいれるのなら大公園。

だと思います。

釣りだけの環境なら蓴菜沼ですが、基本的に何もないので、子供連れの人とかは、釣りのあきた子供が暇になったりします。

実際に、子供が親に帰りたがっているのを何度か見ています。

大公園の場合は、周りが観光地で、国定公園も時期によってはイベントをやっている時もあるので、父親は釣りをして、妻子は大沼観光という事もできます。

その反面、金額的には当然大公園の方が割高にはなりますが・・・。

 大公園、蓴菜沼の詳しい情報は今後、釣港案内などで紹介する予定なのでお待ちください。

おすすめの記事